猫がキャットフードを食べないとき その理由と飼い主にできること

| ハッピーファミリー
出典: shutterstock

愛する猫がキャットフードを食べないとなると、飼い主としては少し心配になります。毎日の食事でしっかりとした量を食べることは、猫の健康維持にとって最も大切なことです。今回はキャットフードを食べないときに考えられる理由と、そのときやってみるべきことについてご紹介します。

猫は気分屋とよく言われていますが、キャットフードを突然食べなくなることもあるようです。そのときの気分で単純に食べたいタイミングでない場合などもありますが、におい、大きさや形、食感、味などによって、食欲に差が出るということを知っておく必要があります。今回は、猫がキャットフードを食べない時に考えられる理由や対処法として飼い主にできることをご紹介します。

意外と多い悩み「猫がキャットフードを食べない」

「いつも食べているキャットフードを今朝は食べてくれなかった」、「キャットフードの種類を変えたら食べなくなってしまった」など、愛猫がキャットフードを食べないという悩みはよくあるようです。おやつ用フードは喜んで食べるけれど、肝心の食事用のフードを食べないということもあります。

そんなとき、まず理解していただきたいのが、犬や猫のもつ「嗜好性」です。

ペットのもつ「嗜好性」を理解しよう

犬や猫には、まず「におい」、そして口に入れたときの「大きさや形」、噛んだときの「食感」、「味」などの好みである「嗜好性」があり、これらが組み合わさって、フードの好き嫌いとしてあらわれます。どんなに栄養バランスに優れたフードでも、猫ちゃんの「嗜好性」に合わなければ食欲を促せず、食べられなくなってしまうのです。
猫は本来好みにうるさく、猫の種類やさまざまな要素が絡まりあって嗜好性が変わるもの。こだわりの強い猫もいるため、キャットフードを選り好みするというイメージが強いようです。
うちの子は好き嫌いが多くて……とお困りの飼い主さんも、嗜好性が合ってよく食べるフードはどういうものなのかを理解しながら選ぶことを頭に入れておきましょう。

キャットフードを食べないときにやってみるべきこと

猫はにおいを感じにくいキャットフードは食べないもの。冷えてにおいがあまりしないときは、電子レンジなどで人肌程度に温めてみましょう。中心が熱くなり過ぎることもあるため、必ず手で触って温度を確かめてからあげてください。お湯で少しふやかすと食べるようになることもあります。
また、ドライからウェットフードに変えたり、ドライでも他の種類にしたりするとよく食べる場合もあります。食器を陶器のものに変えるなどの工夫も大切です。
しばらく時間をおくとまた食べるようになる猫もいます。同じ猫でも「そのタイミングだけ」気分が乗らなくて食べないということもあるので、様子を見守ることも大切です。

ドライからウェットフードに 食感を変えてみる

カリカリのドライフードはあまり食べなくてもウェットは大好き、という猫もいます。もし、どうしてもドライフードを食べないようでしたら、ウェットフードに変えてみるのもひとつの手です。
ロイヤルカナンの「フィーライン ヘルス ニュートリション ウェット」は、3大栄養素(タンパク質、脂肪、炭水化物)が最適なバランスに調整されており、食いつきがよく、食べ飽きにくいおいしさを追求したプレミアムウェットフードです。
健康的な成猫向け「インスティンクティブ」は、水をあまり飲まない猫にもおすすめのウェットタイプ。食べやすい形状、食感で、食欲も増進します。使用している原料はすべて天然由来のもの。着色料も使用していないのも嬉しいですね。

好みの味を探せる!何種類かのフードが入ったお試しセット

「うちの子はどのような味が好みかわからない」。「今まで食べていたフードを食べなくなった」。そのような悩みがある時は、何種類かのフードが入ったお試しセットで好みの味を探してあげることもできます。
ロイヤルカナンの「フィーライン ヘルス ニュートリション エクシジェント トライアルセット」は、好みのフードを見つけやすい3種のドライフードお試しセットです。魚由来のアロマ・香りが食欲をそそる「アロマ エクシジェント」、2種類の違う食感と形状のキブル(粒)が食欲を刺激する「セイバー エクシジェント」、高タンパクな栄養バランスで食感を刺戟する「プロテイン エクシジェント」の3種類。120gずつになっているので、まずはいろいろ試してみたいという方におすすめです。「アロマが気に入っている様子だから、次はアロマを買ってみようかな」という、猫ちゃんに合わせた判断もできますね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ハッピーファミリー

かけがえのない愛犬・愛猫と、より健康で幸せな暮らしをおくることができますように……!
姉は猫と暮らし、妹は犬と暮らし、母は様々な動物(犬、ウサギ、鶏、モルモット、亀、ジュウシマツ、金魚)と暮らした経験があり、父は戌年生まれ(?!)という動物好きファミリーが、それぞれの経験をもとに、日々悩み、考え、みなさまに役にたつ情報をお届けします。

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

子犬特集