愛猫と快適に暮らすために!今日からできる遊び方・接し方・くらしのノウハウ

| ハッピーファミリー
出典: shutterstock

愛猫と過ごす時間がもっと楽しくなったら最高ですよね!猫がいる生活ならではの楽しさを味わいたい方のために、日常生活ですぐ実践できる猫との遊び方をはじめ、嫌われない接し方、くらしの工夫などを紹介します。

気まぐれで気が向いたときにしかなついてこないツンデレ体質……。そんな猫たちのかわいさをさらに引き出すために、猫たちの習性を理解し、人間のひとりよがりにならない遊び方ができるといいですね。今回は、そんな遊び方や嫌われない接し方など、筆者の体験に基づく今すぐできることをご紹介します。猫ちゃんに心地よく感じてもらえてこそ、愛猫家というものです!

色んなものに入れてみよう!

気まぐれで、こちらが思ったように動いてくれない……。そんなドSな行動さえ愛くるしい猫ちゃん。しかし、せっかく購入したフカフカのベッドでも、気に入らなければ使わないというスタンスに困ってしまう飼い主もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんなとき、猫ちゃんを遊ばせながらも好みを把握できるオススメ方法が「色んなもの」に入れてみることです。最近では鍋に入った「猫鍋(ねこ鍋)」なんかも話題になったひとつ。空き缶やビニール袋、コップやサラダボール、ティッシュ箱のカバー、有名ブランドの外箱、洗濯物の山の中など、「え?そこに入っちゃうの?」というようなものを色々試してみてください。可愛い仕草や様子を見られるだけでなく、「ここ、いいかも……」と感じる猫ちゃんの好みもわかって、おすすめです。

飼い猫のお気に入りになるためには?

何とも変なタイトルですが、猫はなつく人を選ぶ生き物。「なぜか家族の中で自分だけなついてくれない……」と悲しい思いを経験した人も多いはず。
可愛い猫ちゃんに懐かれるためにはどうしたらいいのでしょうか。まずはなつかれない原因を探ってみましょう。

・うるさい人が嫌い
猫が一番嫌がるのは「うるさい」ということ。大きな声で話す、おしゃべりが多い、飼い猫を構いすぎる、叱る・叩くなどの行動が多い人は要注意。猫ちゃんからも要注意人物として認識されている可能性が高いです。

・体臭がきつい人
ここでいう体臭とはタバコの臭いや香水の香りなどをさします。人間にとっては快適な臭いも、猫にとっては強烈に不快である可能性もあります。帰宅してすぐに猫ちゃんにかまいに行くと嫌われてしまうというのも、臭いが原因かもしれません。

では、猫になつかれるのはどうすればいいのでしょうか。
簡単ですね。嫌われる行動の逆を実践してみましょう!騒がない、気長に待つ、かまいすぎない、帰宅後はすぐにお風呂に入って臭いを取るなどをすれば、自然となついてくれるかもしれませんね

猫の感情を読み取ろう!

どれだけ愛情を注いでも、なかなかこちらに振り向いてくれないのが猫です。そんな猫がどう思っているのか、感情を知りたい人も多いはず。実は猫もその動作で感情をしっかりと表してくれています。
例えば、鳴き声。キュ~やゴロゴロといった鳴き声はかまって欲しいというサインです。逆にニャ!と強く、短めの鳴き声は「よう!」という挨拶程度。この短めの鳴き声を出しているところを過剰にかまうと、猫ちゃんもイラついてしまいます。挨拶程度で済ませたいところを呼び止められ、内容のない長話をされると少し嫌な気分になりますよね。
このように猫の感情を素早く読み取り、嫌われない心遣いも大切です。

犬と猫の同居は可能!?可愛さが倍に!

ペットを飼われているなかでも、「犬派」「猫派」という言い方をよく耳にします。犬は忠実、猫は気まぐれと何かと対照的なイメージが強いですが、方法さえ間違えなければ、仲良しになってくれます。犬と猫がまるで兄弟のように、一緒に寝ている姿は飼い主の心をわしづかみにしてくれます。しかし、どうすれば仲の良い犬と猫を一緒に飼うことができるのでしょうか。
おすすめなのは、子犬と子猫を同時期に飼い始めるということです。どちらも子どもなので一緒にいることが当然となり、環境に溶け込みやすくなります。
それが無理な場合、成犬が先住で後から子猫を入れるという方法もおすすめです。犬は群れで生活する習性があるので、子猫の面倒をみてくれる可能性があります。しかし、犬の性格によっては子猫が危険にさらされることもあり、しっかりとしつけがされている成犬であることが条件となります。

ポイントは「すき間」!家具の配置にひと工夫

犬と違って、猫はまさに神出鬼没。思わぬところから顔を出したり、ちょっとした隙間に隠れていたりして、思わず「そんなところにいたの?」とつっこみを入れてしまった愛猫家の方も多いはず。
そんなかわいい猫たちとさらに楽しく過ごすには、家具の配置を工夫するのがおすすめ!ポイントは「すき間」です。
例えば、ソファーは壁にぴったりつけるのではなく、数cm放して設置する。パソコン台にはキーボード、デスクトップ、モニターの距離を広めに取るなどをしておきましょう。
猫たちは自分にとって居心地がいい場所を探すのも得意ですが、独自の通り道を見つけて移動するのも大好きです。そうしたちょっとしたスペースを作っておくと、猫ちゃんが思わぬ行動をしてくれる時があります。猫が通りやすく、身体を置きやすいように「すき間」を確保してあげましょう。

以上、今日からすぐ実践できることを紹介しました。猫ちゃんにちょっとでも多く幸せを感じてもらって、かわいい表情を見せてもらえるといいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ハッピーファミリー

かけがえのない愛犬・愛猫と、より健康で幸せな暮らしをおくることができますように……!
姉は猫と暮らし、妹は犬と暮らし、母は様々な動物(犬、ウサギ、鶏、モルモット、亀、ジュウシマツ、金魚)と暮らした経験があり、父は戌年生まれ(?!)という動物好きファミリーが、それぞれの経験をもとに、日々悩み、考え、みなさまに役にたつ情報をお届けします。

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

子犬特集