初めての愛犬との生活!知っておきたい心構えと準備

| ハッピーファミリー
出典: shutterstock

はじめて犬を家族として迎えるとき、どんな心構えや準備が必要なのでしょうか。犬も飼い主も快適な生活を送るために、しっかり学び、考えましょう。

犬を家に迎え入れる日は、ワクワクとドキドキが入り混じった何ともいえない気分になるでしょう。生き物の飼い主になることは責任重大ですし、そのためにはいろいろな準備が必要です。犬という新しい家族を迎え入れるにあたっての心構えと、その準備について考えましょう。

犬との生活は「日々を豊かにする」ものです

犬を家族として迎え入れるとき、その後の生活はどう変化すると思いますか?
人間とは違った生態をもつ生き物と生活することは、場合によっては犬中心の生活になることもありますが、そこから学ぶものも多く、飼い主である人間の感性を豊かに育ててくれます。

生き物を飼う以上、毎日の食事やトイレの世話、散歩など大変なこともありますが、幸せそうな寝顔やおいしそうにご飯を食べている姿を見ると、その手間による疲れも吹き飛んでしまうものです。
単なる「癒し」を感じるためばかりではなく、共同生活を通じて生活するうえで欠かせないパートナーとしてともに成長していくことが、犬がいる生活の一番の醍醐味であるといえます。

どこで?どうやって?犬との出会い方

家族として迎え入れる犬と出会うためには、様々な方法があります。
日本ではペットショップが一番身近になっていますが、近年では、計画性をもって必要な時期にしか繁殖を行わない優良ブリーダーから直接買い取る方法や、友人・知人といった迎え入れた後も母犬と会える距離の仲間から譲り受けるという出会いの形も増えています。

また、保健所や預かりボランティアによる譲渡会も頻繁に目にするようになりました。こうした活動は、野良犬や捨て犬などの健康を管理し、次の飼い主に出会えるように橋渡しをするものです。殺処分される不幸な犬を減らすことに貢献できるとして、その社会的意義への賛同の声が増えています。

犬を飼いたいと思った時に考えておきたい「先のこと」

犬は少なくとも、平均で10年は生活をともにします。小さな子どもの遊び相手や、教育の一環として犬を受け入れる家も少なくありませんが、自分の子どもが大きくなり、巣立ってしまった場合も生活はともにできるでしょうか。犬を飼う時点では必ず、「終生飼育ができるかどうか、飼い主の体調不良など万が一の場合、保健所以外の選択肢は用意できるか」ということを確認しておきましょう。

また、最近では室内飼いが増えたことや、ペットの予防医療の発達で病気になりにくくなったことから、10年を超えても元気な子もいます。しかし、齢をとれば老衰し、人間のように介護が必要になることもあります。万が一に備えて「犬用の医療保険」への加入も視野に入れるなど、犬の老後のこともきちんと検討しておきましょう。

新しく犬を迎え入れるということ

ブリーダーなどから譲り受ける場合は、月齢が3カ月以上経過し、犬として最低限の社会性を身につけているケースも多いのですが、捨て犬や野良犬から家庭犬として迎える場合は、親や兄弟の代わりに社会性を教えなければなりません。
特に人と共に暮らしていなかった犬は、人を異常に怖がったり、それとは逆に過剰に攻撃的だったりすることもあります。そうした犬と一緒に暮らすなら、彼らが自分たちが家族の一員だと認識できるよう、根気強く付き合っていく必要があります。

また、子犬を迎え入れる際も、ただかわいがればいいわけではありません。新しい環境に慣れるまでは、子犬自身もとっても不安です。ゲージとトイレシートは必ず用意し、子犬が安心できる自分の場所を与えたうえで、人間との距離を縮めていくようにしましょう。そのほか、ペットフードや水入れも飼い始めるその日から必要になります。

愛犬の「最高のパートナー」を目指そう!

犬を家に迎え入れたら、これからはあなたが親代わりになります。人間社会で一緒に暮らすためのマナーや振る舞いも、教えていかなければなりません。
犬にも個性があり、なんでもすぐ覚えるしっかり者もいれば、ちょっとのんびり屋さんの子もいます。そんなときは、難しい芸を覚えなくてもちゃんと物事の善悪が分かり、トイレの粗相が少ないといったルールを守れるなら、まずはヨシとする寛大さと、時間をかけて分かり合おうとする気持ちが飼い主さんにも求められます。
焦らず、怒らず。少しずつ愛犬と成長していくことで固い絆が生まれるはずです!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ハッピーファミリー

かけがえのない愛犬・愛猫と、より健康で幸せな暮らしをおくることができますように……!
姉は猫と暮らし、妹は犬と暮らし、母は様々な動物(犬、ウサギ、鶏、モルモット、亀、ジュウシマツ、金魚)と暮らした経験があり、父は戌年生まれ(?!)という動物好きファミリーが、それぞれの経験をもとに、日々悩み、考え、みなさまに役にたつ情報をお届けします。

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

子犬特集