おいしさに差がつくドッグフード保存方法!愛犬のためにできるひと工夫

| ハッピーファミリー
出典: shutterstock

ドッグフードは賞味期限まではおいしく食べられると思っていませんか?鮮度を保つよう保存しておかないと、愛犬も喜びません!

ドッグフードは日持ちがいいと思い込んでいる人もいますが、人間の食べ物と同じで賞味期限があります。開封してから日が経てば、当然鮮度も落ちていきます。愛犬の健康のためにも、ドッグフードをより新鮮においしく保つための保存法を紹介します。

愛犬のドッグフードを劣化から防ぐ!

開封したドッグフードをどのように保存していますか?ドライタイプの場合、袋の口を締めただけで安心してしまう人もいます。ドライタイプは見た目からは判断が付きにくいのですが、実は直射日光や湿度などの影響で簡単に劣化してしまうのです。

逆に言うと、保存方法を少し工夫すればおいしさが長く続き、劣化を遅らせることもできます。
ドッグフードを劣化から防ぐためには、まず密閉が大事です。現在ではドッグフード用の保存容器なども販売されていますが、専用のものでなくてもドッグフードを清潔に保って密閉できるものであれば代用することができます。ジップロックや身の回りにあるものを活用してドッグフードを劣化や酸化から守りましょう。

基礎知識をチェック!ドッグフードの適切な保存方法

おせんべいなどの袋を開けて、そのままにしておくとしけて美味しくなくなってしまいますよね。それと同じように、ドッグフードも空気に触れたままにすると空気中の湿気や酸素によってしけてしまい、香りも味も落ちてしまいます。また、気温が高い場所に置くとドライタイプは害虫がつきやすく、ウェットタイプは雑菌が繁殖してしまうので注意しましょう。また、強い日差しが当たる場所に保管すると劣化が進むので注意が必要です。

密封できる袋を使って保存する際は、袋の中の空気をしっかりと抜くようにしましょう。置き場所は室温や湿度が高い場所や直射日光を避けるために、台所の棚などの「冷暗所」がよいでしょう。

高温多湿の夏場は特に注意!安全・安心な保存期間は?

「暑さ対策なら冷蔵庫」と考えがちですが、冷蔵庫から何度も出し入れすると結露が付いてしまうことがあります。ドライタイプは水分を含むと害虫が増えたり、カビが生えたりするので冷蔵庫は不向きです。また、開封したら1~1.5ヵ月を目安に使い切りましょう。賞味期限は商品によりますが、未開封の状態なら1年ほどもつものが多いようです。

また、ウェットタイプを開封して余った分は別の保存容器に移してから冷蔵庫で保存してください。ただし、食べ残したものは30分以上たったら捨てた方がよいでしょう。ウェットタイプは腐りやすいので開封したらその日のうちに、長くても2日以内に使い切ることが大切です。

保存に便利なストッカーは市販のものを上手に活用!

できるだけ空気に触れるのを防ぐには市販のフードストッカーなどの密封容器を利用するとよいでしょう。小さな瓶のようなタイプもありますが、大きめのフードストッカーは蓋の裏側に除湿剤を入れるタイプの商品もあって便利です。

ドライタイプを大袋で購入したときは小分けにしましょう。1週間分もしくは数日分をジップロックなどの袋に移し、空気をしっかり抜いてください。湿気対策を徹底するなら、大きい袋に入れて二重にするとよいでしょう。
また、家庭用の脱気シーラーを利用して真空パックを作る、という方法もあります。脱気シーラーは少々値が張りますが、普段の料理などにも活用できる便利な商品です。

お皿に蓋(カバー)をする方法もおすすめです。蓋の中央を押すと手軽に密封できる、という商品も販売されていますので、ドライタイプに限らずウェットタイプの一時的な保存にも使えます。

大切なのは機能だけ?!おしゃれな入れ物で楽しもう

機能重視の保存容器は、無機質で味気のないものも多いです。でもせっかくの愛犬のアイテム、できたら可愛くアレンジしたいところですよね。愛犬のシールを制作してくれるサービスやアプリも存在するので、それを利用してオリジナルの保存容器を作ってみるのはいかがでしょうか。

また、ドライフードをおしゃれな瓶に入れたり、袋に小分けにしたドッグフードお気に入りの缶に入れたりするのもおすすめです。ドッグフードをあげるのは毎日のことなので、使うのが楽しくなるように遊び心も大切にして保存方法を考えましょう。

少し手間をかける、ちょっと工夫する、そんな飼い主さんの愛情がドッグフードのおいしさを長続きさせてくれます。これまでの保存方法は大丈夫か、さっそく見直してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ハッピーファミリー

かけがえのない愛犬・愛猫と、より健康で幸せな暮らしをおくることができますように……!
姉は猫と暮らし、妹は犬と暮らし、母は様々な動物(犬、ウサギ、鶏、モルモット、亀、ジュウシマツ、金魚)と暮らした経験があり、父は戌年生まれ(?!)という動物好きファミリーが、それぞれの経験をもとに、日々悩み、考え、みなさまに役にたつ情報をお届けします。

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

子猫特集