災害シュミレーションその1…ペットを守るための基本と情報収集

災害シミュレーション | 西村 裕広
出典: shutterstock

近年は全国各地で大きな災害が頻繁に発生しています。災害が発生したとき、家族であるペットは何としても守りたい。飼い主さんなら誰しもが思うことです。では災害が発生したときにはペットに対してどのようにすればいいのか、災害に対してどんな備えをしておけばいいのか。一緒に考えていきましょう。

ペットと離れないことが最優先

ひと口に「災害」といっても、あらゆるものが想定されます。私たちが全ての災害への対処として考えなければいけないことは

〇発生した瞬間、どうやって身を守るか
〇発生後、いかに安全や健康を確保するか

ということに尽きます。
もちろんそれはペットにとっても同じことです。それを踏まえていただいた上で、飼い主さんが最も重視しなければいけないこと、それは

〇災害発生時や発生後、必ずペットの身近にいる
〇決してペットを逃がしてはいけない
ということです。


あらゆる場面でペットを守ってあげられるのが飼い主さんです。その飼い主さんが絶えずそばにいることが、ペットにとって最も安全です。

災害が起きたとき、起きた後は、とにかく「離れない」ことが一番大事です。それを前提に、どのような準備を整えておけばいいかをご説明していきます。

生活場所での災害予測、避難場所の情報収集

近隣の避難所を知っておく

災害は不意にやってくるし、どのような災害に見舞われるかも予測がつきません。完璧な備えというのは大変難しいものです。ですが、皆さんが住んでおられるお住まいや地域の環境から、いろいろな想定ができるかもしれません。

例えば大きな地震は、日本中のどこで発生してもおかしくありません。河川の近くや低地に住んでいる人にとっては水害も脅威でしょう。山や丘陵地があれば、地滑りもあり得ます。

大きな災害で自宅から離れなければならなくなったとき、近隣のどこに避難すればいいかという情報は、日頃からチェックしておきましょう。

キャリーケースやケージの準備を

日本中の各市町村では緊急時の避難場所を指定しています。しかしペットのための環境をしっかり整えている避難場所は、非常に少ないと考えておいてください。

ですから、犬猫共にキャリーケースやケージを用意するのは必須です。

避難場所には多くの人たちが集まり、中にはアレルギー体質の人や動物が苦手な人もいます。せめて他の人たちと直接接することを防ぎ、ペット用のスペースを確保するという意味でも、これらは備えておきたいものです。

中型、大型犬の場合はケージを持ち運びするのは大変です。ですから大型の段ボールを折りたたんで簡易ケージとして用意しておくのもいいでしょう。

犬の場合は、他人や他の動物がいる場所でもパニックに陥らないためのしつけを普段からしておくことも大切です。

猫は基本的にしつけができません。ですからキャリーケースは隠れられる、安心できる場所として欠かせません。

自治体に問い合わせてみる

ペットを飼っている皆さんは、一度お住まいの地域を所管している自治体に、避難場所について問い合わせてみたほうがいいでしょう。

災害時に避難できる場所はどこなのかということだけでなく、ペットがいる場合はどうすればいいのか、またペットと一緒に逃げられなかった場合、迷子の情報を自治体では集約するのかといったことを確認しておいてください。
散歩の最中や動物病院などで出会うご近所の愛犬家・愛猫家さんと、積極的に情報交換するのもいいですね。

ご近所の皆さんと協力して、非常時の際に備えて情報交換用のウエブサイトなどを立ち上げることができれば心強いです。SNSを活用すれば、割合手軽にできるかと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

西村 裕広

アウトドア、歴史、福祉、と得意分野は多彩。幼少期から3頭の犬と暮らした経験があり、現在は猫と獣医師の妻と共に生活中。
猫・犬どちらについても博識。もともと「犬派」を自覚していたが、猫を飼い始めてからは、あっけなく「猫派」に変貌。「犬も猫も可愛いすぎ」と、しみじみと実感している。

西村 裕広

アウトドア、歴史、福祉、と得意分野は多彩。幼少期から3頭の犬と暮らした経験があり、現在は猫と獣医師の妻と共に生活中。
猫・犬どちらについても博識。もともと「犬派」を自覚していたが、猫を飼い始めてからは、あっけなく「猫派」に変貌。「犬も猫も可愛いすぎ」と、しみじみと実感している。

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

子猫特集