実はナイーブで環境の変化が苦手!?猫を外出させる時に気をつけることとは?

| 西村 裕広
出典: shutterstock

猫は散歩に連れて行く必要はありませんが、病院など外出する必要も出てきます。どのようなことに注意すればいいのでしょうか。

猫と外出するときに気をつけたいこと

猫は犬と異なり、散歩させる必要はありません。とはいっても、動物病院やトリミング、ペットホテルや知人宅に預けるなど、どうしても一緒に外出しなければいけない場面が出てきます。

外に一緒に出たとき、何かの間違いで猫が飼い主さんから離れてしまうと大変です。パニックを起こしてしまい、猛スピードで走り去ってしまうことなどもよくあります。また猫は3Dの移動、つまり手の届かない高所に登ったり、狭い隙間に入り込んだまま出てこなくなることもあります。

そうしたことを防ぐため、猫を外に連れ出す際にはどんなことに注意すればいいか、気を配っておくべきことについてご説明しましょう。

キャリーケースは日々点検し、外出前は爪切りを

安全で品質の良いキャリーケースを買おう

基本的に猫は環境の変化がとても苦手な動物です。家の外と自由に行き来させている猫でも、外では決まったテリトリーでしか行動していません。見知らぬ場所に連れて行くと、とてもナーバスになっています。

ですから、うっかり飼い主さんの手を離れた途端パニック状態になって、走り去ったり隠れるという行動を取りがちです。

そうしたことを防ぐため、キャリーケースが必需品です。抱っこしたまま外出することは絶対に避けてください。

キャリーケースにも様々なタイプ、そして品質があります。猫のサイズや使いやすさに応じて選択しますが、猫が出入りするふたの部分、飼い主さんが持つ周りなどは、日々細目にチェックしておきましょう。

運んでいる最中にふたが開いてしまったり、持ち手やストラップが外れてしまうと最悪です。低価格のタイプはより壊れやすい、というイメージがありますが、価格や品質に関係なく、安全に猫を運ぶことができるようになっているかの点検は欠かさず行ってください。

外出前には爪を切っておく

できれば外出前は爪を切るようにしましょう。キャリーケースに入るのを嫌がって、猫が暴れてしまうことがあり、ケガをする危険性があります。また万が一外でキャリーケースから出てしまったとき、爪を切ってあれば高いところに登るのを防げるかもしれません。


猫にはちょっと気の毒ですが、洗濯ネットに入れてからキャリーケースに入れると、外に出てしまっても走り去ることができず安心です。またケースにも入れやすいです。

外泊する場所には普段使用しているグッズを持ち込む

自宅で愛用しているグッズを持ち込む

どこか他所に預けなければならない場合は、さらに準備が必要です。例えばペットホテルを利用する際は、おそらく用意すべきグッズを指定してくるはずです。

知人宅などに預ける際は、普段自宅で使用している次のグッズも一緒に預けてください。

〇トイレ
猫にとって使い慣れたものが必需品です。別のトイレを用意しても、使用しないケースがほとんどです。おそらくホテルを利用する際は指示があるはずです。万が一指示がなくても、必ず持っていってください。

〇非常用リード
災害シュミレーションのページでも触れましたが、預けている場所がなんらかの災害に遭ったときのために用意してください。

〇食器
必需品という程ではありませんが、使い慣れているものを用意してあげたほうが、ごはんを食べやすいでしょう。

〇爪とぎ
知人の家具や壁を傷つけないよう、必ず用意してください。

〇おもちゃ
こちらも必需品ではありませんが、遊び慣れたものがあると多少は安心するでしょう。

預け先の住環境に注意する

そして、特に猫を飼ったことが無い人などに託す場合は、相手の住環境にも注意を払い、気を付けるべき点をお互いに確認してください。

〇玄関ドアが開いた途端、外に飛び出さないか。

〇人が食べる食材や調味料がある場所、誤って食べそうなものがある場所に行かせない、あるいは食べさせないための工夫。

〇暖房機器付近。ストーブの上に落ちる危険などはないかを確認。

〇隠れそうな場所はどこか。ずっと隠れていて、玄関ドアが開いた瞬間に飛び出してくる危険性あり。大きな家具の下、戸袋、食器棚の上など、上から下まで確認。

頻繁に外出される方は、できれば特定の知人に託せるのが理想的です。

飼い主さんのなかには「旅行にも連れていきたい」と考える方もいらっしゃるかもしれません。しかし、それはお勧めできません。

冒頭でもご説明したとおり、猫は異なる環境を嫌い、知らない場所ではナーバスになります。ホテルの部屋などで離した途端ベッドの下など手の届かない場所に隠れ、何日も出てこないということも珍しくありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

西村 裕広

アウトドア、歴史、福祉、と得意分野は多彩。幼少期から3頭の犬と暮らした経験があり、現在は猫と獣医師の妻と共に生活中。
猫・犬どちらについても博識。もともと「犬派」を自覚していたが、猫を飼い始めてからは、あっけなく「猫派」に変貌。「犬も猫も可愛いすぎ」と、しみじみと実感している。

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

子犬特集