子犬の最初の食事

子犬 | 白石かえ

初めてわが家に待望の子犬がやってくるとき、どんなフードを用意すればいいのか、わからないことだらけでドキドキです。基本なことを知っておきましょう。

犬のごはんについては、従来のドライフード、フリーズドドライフード、手作りフード(冷凍または毎日作る)、生食(なましょく)など、いろいろな与え方がどんどん紹介されていて、飼い主としてはどの情報を信じたらよいのか、迷ってしまいがち。でも、とにかくいちばん大事なことは、子犬が、ちゃんと栄養を吸収し、下痢をせず、健やかに成長してくれること。どんな食事がいいのか、一般的な基本原則を紹介しよう。

生後3週間までは母乳で育つ

子犬は、犬種差もあるが、生まれてから約1歳までの間に、みるみるうちに成犬の体のサイズに成長する。つまり、この1年間の栄養状態、食材の品質などは非常に重要で、その後の人生(犬生)をも左右する事件が起きかねないくらい大事な時期であるから、フード選びは慎重にしてほしい。

たとえば、早く大きくなあれ、強い骨になりますように、とカルシウムのサプリメントを過剰に与えたために、骨関節に異常がでてくることもある。成長期は、栄養素や栄養バランスも非常にセンシティブ。そう考えると、よほどの専属栄養士がつくなどの好条件が整わないかぎり、ドライフードなどの「総合栄養食」を与えるのが安心だ。

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの福之助は1歳。埼玉のブリーダーさんのところからやってきた

劣悪な環境のパピーミル(子犬工場)で生まれた子犬ではなく、正しい志の高いブリーダーのところで生まれた子犬であれば、出産〜生後3週間までは母犬のおっぱいで育つ。おなかがパンパンになるまで赤ちゃんは飲み、弾けんばかりのポンポコしたおなかになる。

赤ちゃんの頭数が多かったり、母犬のお乳の出が悪いなどで、子犬の成長のスピードが思わしくないときは、同時進行で飼い主が人工授乳を行うこともある。そのときは必ず犬用の粉ミルクを使用する。間違っても、牛乳や人間の赤ちゃん用の粉ミルクを与えてはいけない。栄養の構成成分が異なるからだ。激しい下痢に見舞われるなどの弊害があるので、必ず犬用の粉ミルクを与えること。

そして生後3週間目で、乳歯が生えてくる。乳歯で乳首を噛まれると痛いので、母犬は自然と授乳を拒むようになるので、その頃から離乳食が始まる。

離乳食は、乳歯でも噛み砕ける程度の柔らかいもので、ドライフードを犬用粉ミルクでふやかしたものを与えることが多い。

最初はブリーダーのところで食べていたフードを

それから生後8週間の頃までに、ほぼ乳歯が生えそろう。この頃までにお乳は卒業し、完全離乳食に切り替えることになる。そして生後8週間すぎたら、そろそろ新しいおうちに迎えられる頃だ。乳歯が生えそろったら、ようやく固めの、成犬と同じようなドライフードを食べられるようになる。

でもこれにも個体差もあるし、新しい飼い主のもとへ移動する際、新しい環境で体調を壊すこともあるから無理はせず、ゆっくり移行するようにしよう。

子犬を譲り受けるときは、たいてい、今まで離乳食で食べていたドライフードを、ブリーダーさんから紹介されることが多い。子犬の消化器はまだ未成熟なので、食べ慣れたものの方がよい。

福之助は、ロイヤルカナンのパピーフードで育ちました。いまはミディアムジュニアを食べてます

量を増やす、違う銘柄に変えるなどのときは、急激な変化を与えると下痢をしやすいので、1割ずつくらいちょっとずつ新しいフードの割合を増やすようにして、慎重に行うようにしよう。

「総合栄養食」の注意点

「総合栄養食」とは読んだとおり、「このフードと新鮮なお水を与えているだけでOKです」という栄養バランスが保たれているフードだ。だから、一般的には、総合栄養食に、お肉や野菜などのトッピングやサプリメントの添加はしない方がよいとされる。栄養バランスが崩れたり、栄養過多になって肥満になるなどの心配があるからだ。

ただし、個人的には、多少は許されるのではないかと思う。なにしろ、犬は工場生産品ではないので、マニュアルどおりすべての犬や犬種にとって、ぴったりの栄養、栄養バランスが、パッケージの裏に書いてあるとは思えないからだ。

外国の大手のフードメーカーには最新鋭のラボがあり、日夜研究がされていると取材時に聞いたことがあるので、科学的に裏付けのとれた栄養のものであると思うが、それでも個体差はある。

たとえばうちのジャーマン・ショートヘアード・ポインターのクーパーの活動量は、ものすごい。にもかかわらず、体重換算だけを基準にしてフード量を計っていたら、きっと痩せてしまう。運動量との相関関係もあるのだ。

また、私は今までの人生で犬を7頭しか飼っていないが、その中でもやはり食べ物に関する好みや消化吸収能力が個々で違うのだな〜と感じる。犬種差もあるが、個体差も大きいものである。

食いっぷりのいい福之助

ちなみにクーパーはあんな、いかつい顔をしているくせに、意外と草食系男子で、野菜やフルーツが大好き。スイカやイチゴを私が食べていると、黙ってヨダレをこぼして凝視している。トウモロコシの粒も、ニンジンもちゃんと消化する。なのに、骨やレバー、乾燥牛アキレス腱などをついよかれと思って多めにあげると、てきめん下痢をしてしまう。食べるのは好きなのだが、胃腸が軟弱。それに比べてメルの胃腸は強靱だ。

なので、総合栄養食に、個体の好みや消化器(の酵素?)などに合わせて、少々のトッピングをすることに対して、そこまで反対しなくてもよいのではないかなーと思っている。そもそも、いつもと違う食材がちょっとプラスされるだけで、香り立つニオイが変わり、食欲が増進し、人生(犬生)が楽しくなるなら、それもありではないか。

子犬のときからいろいろなものを食べられる練習を

また、好奇心が強く、新しいものを受け入れることができる子犬の社会化期に、いろいろなものを食べさせる練習をしておくことも大事だと思う。警戒心が芽生えてくると、食べたことのないものを警戒し、拒絶するようになるからだ。

これからの長い犬生、万が一被災してしまったとき、当面の間はフードの銘柄指定はできず、届いた救援物資を食べるしかない日が来るかもしれない。

あるいは、シニアになったとき、なにかの病気になり、療法食を食べないといけない日が来るかもしれない。

なんでも食べられる犬にしておくと、キャンプや旅行に行くときに楽ちん

そういうときに、選り好みせずに、なんでも食べられるようにしておくと心強い。もちろん旅行のときもドライフードを食べられるようにしておくと、やっぱり簡便だし。

ただし、やっぱり与えすぎの肥満には注意しないといけない。それから毎日のウンチ・チェックも大事だ。そして、数日に一度、あばら骨や腰骨のでかたのチェック。愛犬をきちんと観察していれば、適正な肉付きというものがわかってくる。もし、太りすぎ(または痩せすぎ)を見極めるのが自信がないという場合は、獣医さんかブリーダーのところに言って、レクチャーしてもらうといいだろう。

フードの管理の仕方もできればチェック

また「総合栄養食」と書いてあっても、あまりに廉価なものや、毒々しい着色がしてあるものは、個人的にはおすすめしない。ちなみに消化吸収がいいフードは、同じ量を食べてもウンチは少量になる(ウンチ拾いが楽になります♪)。反対に、消化吸収の悪いフードはびっくりするほどでっかいウンチをする。つまり犬に消化できない、無用の食材が入っている可能性が高い。

福之助は、お肉を湯がいた汁をドライフードにかけて、ちょっとふやかして食べるのが定番。キャベツ、ニンジン、大根、レタス、ヨーグルトもよくトッピング。葉っぱ系はよく食べる。ちょうど1歳児、ただいま快食快便な毎日

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

白石かえ

犬学研究家・雑文家。家族は、ジャーマン・ショートヘアード・ポインターのクーパー、ボクサーのメル、黒猫のまめちゃん、夫1、娘1。前職は、自然環境保護NGO・WWFジャパンの広報室。ツキノワグマなど野生動物も好き。犬猫と暮らして30数年。家族(群れ)の悦び、信頼の笑顔、死別・闘病のいたみなど、生き物として大事なことはほとんど犬猫から教わった。彼らの存在は可愛いだけでなく、尊い。犬が犬らしく生き生きと暮らせるような、犬目線の原稿を書くのがライフワーク。

白石かえ

犬学研究家・雑文家。家族は、ジャーマン・ショートヘアード・ポインターのクーパー、ボクサーのメル、黒猫のまめちゃん、夫1、娘1。前職は、自然環境保護NGO・WWFジャパンの広報室。ツキノワグマなど野生動物も好き。犬猫と暮らして30数年。家族(群れ)の悦び、信頼の笑顔、死別・闘病のいたみなど、生き物として大事なことはほとんど犬猫から教わった。彼らの存在は可愛いだけでなく、尊い。犬が犬らしく生き生きと暮らせるような、犬目線の原稿を書くのがライフワーク。

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

子猫特集