スッキリ健康的に美しく 猫の肥満対策はこれ

| 西村 裕広
出典: shutterstock

愛猫が理想的な体なのかをどのように判断すればいいのでしょう。そして肥満の場合には、どうやってダイエットすればいいのかをご説明しましょう。

ペットの健康にとって肥満は百害あって一利なし。人間と同じです。もし肥満であれば、すぐにでも改善してあげる必要があります。
猫も体の大きさによって理想的な体重が異なりますが、種類などによって大きさが異なるため、体重を計るだけだと適正な体重かどうか判断しにくいです。
今回は愛猫が理想的な体なのかをどのように判断すればいいのか。そして、もし肥満の場合はどうやってダイエットすればいいのかをご説明します。

ぽっちゃり猫の方が可愛いから、というのは飼い主のエゴです

猫を飼っている人のなかには、その姿が愛らしいなどという理由からあえて肥満にさせ、「ポッチャリ猫」などと呼んで悦に入っているケースもあるようです。
私に言わせると、そんな飼い方はとんでもない間違いです。肥満はとてもここに書ききれないほど、あらゆる病気のリスクになり得ます。内臓系の疾患だけでなく、手足の関節にも負担がかかるため、悪影響を及ぼしかねません。もし飼っている猫が肥満の場合は、ただちに改善してあげる必要があります。

B.C.Sにしたがって猫の肥満度をチェック

人間の場合は身長に合わせた適正体重、体脂肪など調べ、その数値に合わせてダイエットすれば肥満を改善できます。しかし猫は大きさが様々なので、測定するだけでは理想体重を判断するのが難しいです。
そこで活用していただきたいのが「ボディコンディショニングスコア(略してB.C.S)」です。猫の体型が5~9段階で分けて図化されており、体型ごとの体脂肪率、部位ごとの脂肪の付き方などが、ひと目でチェックできるようになっているものです。これを見ながら、体重ではなく体型で肥満度合いを最初にチェックするのが基本です。

B.C.Sは誰でも簡単に入手でき、取り入れられます

B.C.Sは研究機関やペットフードメーカーなどが作成しており、誰でも簡単に入手できます。ネットでも数多く公開されています。発行元によって段階数が異なりますが、5段階のB.C.Sでチェックするのが最もわかりやすいかもしれません。
猫の種類によって、例えば長毛種などは、なかなか体型がわかりにくいかもしれません。最も確実なのは、予防接種や健康診断などで動物病院に連れていく際に体重も測定してもらい、理想体重がどれくらいなのかを獣医師に確認することです。

「肥満」の判定が出たら、早速ダイエットを開始しましょう

体重・体型チェックの結果、残念ながら「肥満」の判定が出た場合は、早速ダイエットを開始しましょう。
猫の場合は、食事量・摂取カロリーを減らすことがダイエットの中心になります。そもそも猫の肥満の原因は、ほぼ100パーセント食事の与え過ぎです。そこを改善しなければダイエットはできません。
とはいえ、愛猫が食事をねだってくるのを無視することが飼い主さんにとっていかに辛いことか。一児、ではなく一匹の飼い主である私も痛いほど理解できます。

まずは食べている総量をチェックし適正量を把握しましょう

まずは、一日に与えている食べ物の総量をチェックしましょう。その上で、愛猫の食事の適正量を把握してください。
総合栄養バランスが整ったメインの食事、補助的な食事、おやつなど、様々な種類を与えている飼い主さんも多いと思います。そういう場合は、まずおやつを減らすか抜きましょう。それでも不足な場合は、補助的な食事とメインの食事の栄養や水分のバランスを考えながら量を調整していってください。
そうすると、当然全体の食事量が減り、猫が猛然と抗議してくるはずです。飼い主さんは、その抗議に決して屈してはいけません。様々な方法で対抗しましょう。

食事量を少なくし、回数を増やすのも効果的です

食事を小分して回数を多く与えるのは、かなり有効な作戦です。全体量が減っても、回数が多くなることで、それが感じにくくなるようです。人間のダイエットでも有効な方法です。
低カロリーのフードや、満腹感が持続するフードなども販売されています。そういった種類のフードを与えてみるのもいいでしょう。もちろんフードの種類が変わったら、カロリー数に気を付けて適量を与えてください。

運動させることもダイエットにはいいですが、食事量を変えずに運動のみで肥満解消しようとするのは、あまり現実的な方法とはいえません。飼い主さんにも負担ですし、太ったまま運動すると関節への負担が心配です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

西村 裕広

アウトドア、歴史、福祉、と得意分野は多彩。幼少期から3頭の犬と暮らした経験があり、現在は猫と獣医師の妻と共に生活中。
猫・犬どちらについても博識。もともと「犬派」を自覚していたが、猫を飼い始めてからは、あっけなく「猫派」に変貌。「犬も猫も可愛いすぎ」と、しみじみと実感している。

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

子猫特集