インターネットを介して猫を譲り受ける時に注意すべきことは?

動物福祉 | 西村 裕広
出典: shutterstock

最近は様々なものを、インターネットを通じて気軽に譲渡できるようになりました。猫の譲渡でも利用されています。しかし、手軽なぶんリスクも高いのがネットです。ペットの譲渡は、イコール命のやり取り。ネットの利用には細心の注意を払ってください。

ネットを通じて相手を見極める難しさ

「安全で健康的に飼える環境がある」、「最期までしっかりと面倒を見る責任感と覚悟がある」。ペットを飼おうとする人にとって、これらは最低限の条件です。譲渡する場合は、譲る側、受ける側の双方が、これら最低限の条件をクリアしている必要があります。

「譲りたい」という情報を出す人は、なんらかの事情で最期まで面倒が見られなかったことになりますが、手放さなければいけない子が最期まで幸せに生きて行けるための努力を怠ることは許されません。

最も大切なのは、ネットを通じてやり取りする相手が信用できるかどうかを見極めることです。「子猫を譲りたい」としておきながら、実は生後数年経っている、「健康です」としておきながら感染症にかかっている。
逆に、まったくもって命を預かることへの責任感が無い、飼いたいという気持ちだけあっても猫に関してはまったく勉強しておらず、飼える環境が整っていないのに欲しがっている。

そういう人たちが、堂々と譲渡を希望することができるのがネットのリスクです。ペットに限らず、相手の素性がわからないネットでの取引に関するトラブルが後を絶たないのは、皆さんもよくご存知かと思います。

病気の猫を引き取ると、当然医療費もかかってきます。去勢されておらず、スプレー行動が止まらない猫が来る可能性もあります。そうしたことを避けるためにはどうすべきでしょうか。

譲り受ける場合と譲る場合では確認すべきことが異なるため、ここでは譲り受ける際に絞って気を付けることを説明します。

まずは基本情報をしっかり聞こう

ネットでの譲渡では個人対個人だけでなく、個人対保護団体、保護センターなど、いくつかのパターンがあります。

個人との譲渡が最も注意すべきです。相手は本当に良心的な人物かもしれないし、猫を物同然に扱う輩かもしれません。ただ警戒するあまり、最初から猜疑心丸出しであれこれ質問しては、相手も気分が悪くなるでしょう。せっかく良心的な人物なのに、譲渡が成立しなくなってしまう可能性もあります。

大切なことは、先方が譲りたいという猫の基本情報をしっかり聞くことです。性別、年齢はもちろん、種類、去勢・避妊手術はしたか、健康状態、病気の有無、与えているフード、体重、性格、ワクチンの接種、現在の飼い方、手放さなければいけない理由…などです。

動物病院の診察の有無など健康状態をしっかり確認する

ここに並べただけでも結構項目は多いですが、最低限確認すべきことばかりです。健康状態などは、飼い主の感覚的なことだけでなく、動物病院で診断を受けたか否かも確認しましょう。ワクチンを打っていれば、いっしょに血液検査などをしているかもしれません。

ただ生まれたての子猫の場合は、ワクチン接種をしていないでしょう。であれば、親猫の健康状態も、わかる範囲で聞いてください。
そして写真をできるだけ多く送ってもらいましょう。飼われている環境が説明と同じかを確認しやすいでしょう。

確認事項は書面で残し、納得できなければ応じない

これらの質問事項は、相手にもこちら側にも残る共通の文章によって説明してもらうようにしてください。もっともその点については、メールやLINEなどでやり取りするはずですから、しっかり残るとは思います。
いずれにしても、こちらからの質問事項すべてに納得できる返答が無い限りは、譲渡に応じない方がいいでしょう。

団体が相手でも注意が必要です。実態の無い団体も手軽にでっち上げられるのがネットのリスクです。
信頼できる団体の場合は、先に説明したように譲渡する相手が最期まで責任を持てるか、しっかり愛情を持って飼うかを厳しくチェックします。逆に、気軽に譲ってくるような団体とは、やり取りしないでください。かなり胡散臭いです。

繰り返しになりますが、ネットは便利なものである反面、リスクも大きいのは事実です。あくまで私個人の考えですが、できれば猫を含めてペットの譲渡では、ネットを利用しないでいただきたいというのが本音です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

西村 裕広

アウトドア、歴史、福祉、と得意分野は多彩。幼少期から3頭の犬と暮らした経験があり、現在は猫と獣医師の妻と共に生活中。
猫・犬どちらについても博識。もともと「犬派」を自覚していたが、猫を飼い始めてからは、あっけなく「猫派」に変貌。「犬も猫も可愛いすぎ」と、しみじみと実感している。

アクセスランキング

人気のある記事ランキング

子猫特集